選択送信機能・
一括送信機能の切り替え方

選択送信機能

カメラのDPOF設定(印刷指定)で写真を選択した場合、選択されたファイルが送信されます。
本機能は出荷時に有効になっており、設定ソフトウェアで無効にすることもできます。

一括送信機能

カメラのDPOF設定(印刷指定)で写真を選択していない場合、未送信のファイルが送信されます。
本機能は出荷時に有効になっており、設定ソフトウェアで無効にすることもできます。

選択送信機能・
一括送信機能の使い方

選択送信機能の使い方

選択送信機能とは、カメラで撮影した写真のうち送信したい写真(JPEG)を送信する機能、または、カメラ側のDPOF設定(印刷指定)で選択し送信する機能のことです。対向デバイスは、Windows®PC・スマートフォンとなります。

1.カメラの電源をONにして、送信したい写真をDPOF設定(印刷指定)で選択。

2.TransferJetアプリを起動。

3.TransferJetデバイス同士を近づけると、TransferJet™接続され、選択したデータが送信される。

4.再度、選択送信機能を用いる場合には、カメラの電源を入れなおして1.からの操作手順でお使いください。ファームウェア V1.00.05以降は選択送信後、カメラの電源を入れなおすことなく、5台まで連続して送信できます。最新ファームウェアにアップデートしてお使いください。

5.カメラのDPOF設定(印刷指定)でデータ選択を解除します。

  • DPOF(Digital Print Order Format)によるファイル選択方法は、デジタルカメラの取扱い説明書をご覧ください。

一括送信機能の使い方

一括送信機能は、新たに撮影した動画や写真のみ送信、簡単にバックアップできる機能です。カメラで撮影した動画や写真のうち、未送信の写真のみを送信する機能で、初回は全ショット、2回目以降は未送信ショットのみ送信されます。
対向デバイスは、Windows®PC・スマートフォンとなります。

1.カメラの電源をONして、動画&写真撮影。

2.TransferJetアプリを起動。

3.(DPOF設定がある場合はDPOF設定を解除して)近づけると、TransferJet接続され、未送信の動画、写真が送信されます。送信後、低消費電力のため、自動的にTransferJet通信機能がOFFになります。

4. 再度、TransferJet通信機能をONして、一括送信機能を用いる場合には、電源を入れなおして、1.からの操作手順でお使いください。ファームウェア V1.00.05以降は電源を入れ直す操作が不要になりました。最新ファームウェアにアップデートしてお使いください。

  • DPOF(Digital Print Order Format)によるファイル選択方法は、デジタルカメラの取扱い説明書をご覧ください。