TransferJet設定ソフトウェアの
カードの初期化

TransferJet 搭載SDHCメモリカード(以下、本カード)を、 出荷時の状態に戻したい場合は、以下の手順で「カードの初期化」を実施してください。

  • 「カードの初期化」を選択すると、以下の画面が表示されます。
  • 「カードの初期化」では、本カードを初期化し、出荷時の状態に戻します。
  • 本カードを初期化すると、記録されたデータが消失します。
  • 必ずデータをパソコン等のSDHC対応機器により他のメディアにバックアップしてから、「カードの初期化」を行ってください。
  • 一括送信で送信したファイルの日時情報も削除されますので、次回一括送信時にはすべてのファイルが送信の対象となります。

1.「初期化」ボタンを押して、初期化を開始します。

カードの初期化 TranferJet™搭載SDHCメモリカードの初期化を行います。 記録されているデータを全て削除します。「転送設定」を、出荷時の状態に戻します。 本カードのデータを、パソコン等のSDHC対応機器により他のメディアにバックアップしてから、本カードの初期化を行ってください。

2.「初期化してよろしいですか?」と表示されたら、再度バックアップが必要かどうかご確認ください。

初期化してよろしいですか?

3.「YES」ボタンを押して、初期化を実行します。
初期化中は以下の画面が表示されます。

本カードを初期化しています。 機器の電源を切らず、本カードを挿したままで、この画面が消えるまでお待ちください。

4.続けて、本カードのバージョンを確認します。
初期化中は以下の画面が表示されます。

5.本カードをPCの「ハードウェアの安全な取り外し」で取り外し、
再度挿入後に「OK」ボタンを押します。
確認中は以下の画面が表示されます。

本カードをチェックしています。 本カードを挿したままで約20秒間お待ちください。

6.本カードのバージョンを確認し、初期化完了となります。
初期化が完了すると、以下のメッセージが表示されます。

初期化しました。 「転送設定」にて、TransferJet™通信機能の設定を行ってください。

以上で「カードの初期化」は完了です。
「転送設定」にて、TransferJet 通信機能の設定を行ってください。