Eyefi連動機能の使い方

FlashAir SD-UWAシリーズ<W-04>のEyefi連動機能を有効にすると、電源コントロールに対応したEyefi連動機能搭載カメラで、データ転送中のカメラの電源停止を防ぐことができます。また、カードの無線LANのON/OFF切り替え設定に対応したEyefi連動機能搭載カメラでは、カメラメニューからFlashAirの無線LANの起動/停止ができます。

  • 本機能はFlashAir SD-UWAシリーズ<W-04>でのみご利用いただけます。
  • Eyefi連動機能搭載カメラとは、米国アイファイ社が開発したEyefiカード用の機能を搭載したカメラです。すべてのカメラでの動作を保証するものではありません。
  • FlashAir SD-UWAシリーズ<W-04>では、Eyefi連動機能のうち、電源コントロール機能およびカードの無線LANのON/OFF切り替え機能にのみ対応しています。写真や動画の自動転送などはできませんので、ご注意ください。
  • 電源コントロールに対応したEyefi連動機能搭載カメラでご使用いただく場合、FlashAir W-04カードとEyefiカードとではカメラの電源が停止する条件が異なる場合があります。
  • 転送状況アイコン表示に対応したEyefi連動機能搭載カメラでご使用いただく場合、FlashAir W-04カードとEyefiカードとでは異なるアイコン表示となる場合があります。

FlashAirアプリでEyefi連動機能を設定する

  • 最新のアプリをご使用ください。
  • お使いの端末がカードの管理者端末でない場合、Eyefi連動機能の設定をするには、MASTERCODEの入力が必要です。
    通常、最初にFlashAirの初期設定を実施した機器(スマートフォン等)が管理者端末になります。
    他の端末でもEyefi連動機能の設定を行いたい場合は、あらかじめ以下のいずれかの方法でその端末を管理者端末にしてから、行ってください。
    • 管理者端末で、FlashAir Android / iOSアプリからMASTERCODEの変更が可能です。「設定」→「FlashAir設定」→「上級者向け設定」→「MASTERCODEの変更」でお好きなコード(12文字の英数字)に変更します。その後、ご使用になりたい端末で、FlashAir™ Android / iOSアプリにてEyefi連動機能の設定を開始し、MASTERCODEの入力を求められたら、管理者端末で変更した変更後のMASTERCODEを入力してください。
    • PCにFlashAirを挿入し、FlashAir設定ソフトウェアの「カードの初期化・設定変更」でMASTERCODEを確認します (このとき、お好きなコード(12文字の英数字)に変更することも可能です)。その後、ご使用になりたい端末で、FlashAir™ Android / iOSアプリにてEyefi連動機能の設定を開始し、MASTERCODEの入力を求められたら、FlashAir設定ソフトウェアで確認した(変更した)MASTERCODEを入力してください。
    • MASTERCODEを変更した場合、ブラウザでの設定変更ができなくなりますので、ご注意ください。

ステップ1

iPhone / iPadをお使いの場合は、FlashAirと機器を接続してから、FlashAirアプリを起動します。 
Android端末をお使いの場合は、FlashAirアプリを起動し、本製品と接続してください。

ステップ2

FlashAirアプリの「設定」→「FlashAir設定」→「Eyefi連動機能設定」で、「Eyefi連動機能」を有効にします。

  • 画面はiOS向けFlashAirアプリの場合です。

FlashAir設定ソフトウェアでEyefi連動機能を設定する

ステップ1

FlashAir設定ソフトウェアを起動し、「Eyefi連動機能設定」をクリックします。

図

ステップ2

Eyefi連動機能機能を有効にするには、「ON」を選択して、「適用」ボタンを押してください。

図

ステップ3

以下のメッセージが表示されますので、「はい」を押してください。

図

ステップ4

以下の画面が表示されますので、画面の案内に従って、SDカードスロットからFlashAirを一度取り出し、再度挿入します。再挿入後 「OK」を押します。(1回目)

図

ステップ5

プログレスバーが表示された後、以下の画面が表示されますので、画面の案内に従って、SDカードスロットからFlashAirを一度取り出し、再度挿入します。再挿入後 「OK」を押します。(2回目)

図

ステップ6

プログレスバーが表示された後、以下のメッセージが表示されますので、「OK」を押してください。

図

これでEyefi連動機能の設定は完了です。