TransferJet(近接無線通信)搭載 SDメモリカード に関するよくあるご質問(FAQ)

以下のご質問の項目名をクリックしてください。

A.

送信機器及び通信機器同士の距離が遠すぎる可能性があります。機器同士を対向させ、出来る限り近づけてください。

この回答で問題は解決できましたか?
フィードバックありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。
A.
  • 送信機器及び受信機器同士の距離が遠すぎる可能があります。機器同士を対向させ、出来る限り近づけてください。送信速度が改善される場合があります。
  • ファイルサイズが大きいことが考えられます。送信に要する時間は、ファイルサイズに依存します。ファイルサイズが大きいほど、送信に時間がかかります。
この回答で問題は解決できましたか?
フィードバックありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。
A.

弊社で動作確認をした機器は、下記のページでご確認頂けます。

この回答で問題は解決できましたか?
フィードバックありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。
A.

TransferJet搭載SDHCメモリカードは、既にフォーマット(初期化)されていますので、そのままデジタルカメラやデジタルビデオカメラにてご使用頂けます。

この回答で問題は解決できましたか?
フィードバックありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。
A.

受信機器としてTransferJet対応USBアダプタを装着したWindows パソコン、もしくはTransferJet対応Windows パソコンやTransferJet対応microUSBアダプタを装着したAndroid端末、もしくはTransferJet対応Android端末、iOS 向けTransferJet対応アダプタを装着したiOS端末が必要です。また、専用のTransferJet専用アプリも必要になります。詳しくは、下記 のページでご確認ください。

この回答で問題は解決できましたか?
フィードバックありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。
A.

送信方法により異なります。
選択送信の場合は、写真(JPEG)のみとなります。
一括送信の場合は、以下となります。

受信機器がAndroidの場合
制限はありません。

受信機器がWindows の場合
制限はありません。

受信機器がiOS の場合
以下の拡張子データのみが送信可能です。
.bmp/.gif/.jpeg/.jpg/.png/.tiff/.tif/.m4v/.mp4/.mov/.3gp/.vcf

この回答で問題は解決できましたか?
フィードバックありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。
A.

「送信対象フォルダ」および「追加送信対象フォルダ」に保管されたファイルが送信の対象になります。詳しくは、下記のページでご確認ください。

  • ※1送信対象フォルダは、「DCIM」フォルダ、「PRIVATE\AVCHD\BDMV\STREAM」フォルダ、「MP_ROOT」フォルダです。詳しくは、下記のページでご確認ください。
この回答で問題は解決できましたか?
フィードバックありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。
A.

削除されません。撮影した写真や動画は、デジタルカメラやデジタルビデオカメラに残ります。

この回答で問題は解決できましたか?
フィードバックありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。
A.
  • 送信機器と受信機器の距離が遠すぎる可能性があります。送信機器のカード挿入口部と受信機器側のTransferJetアダプタ部(もしくはTransferJetマーク部)を出来る限り近づけてください。
    詳しくは、マニュアルをご覧ください。
  • メモリカードのTransferJet通信機能が停止している可能性があります。送信機器の電源を入れ直してから、再度受信機器に近づけてください。
  • 送信機器の電源を入れた直後に受信機器へ近づけていませんか?TransferJet通信機能は、電源を入れてから約10秒後に送信が可能になります。
  • ファイルサイズが大きいことが考えられます。送信に要する時間は、ファイルサイズに依存します。ファイルサイズが大きいほど、送信に時間がかかります。
この回答で問題は解決できましたか?
フィードバックありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。
A.

TransferJet搭載SDHCメモリカードは、未送信の写真や動画を受信機器にすべて送り終わると、TransferJet通信機能をいったん停止します。撮影した写真や動画を受信機器に送る場合は、デジタルカメラやデジタルビデオカメラの電源を入れ直してください。ファームウェア V1.00.05以降は上記の操作が不要になりました。最新ファームウェアにアップデートしてお使いください。

この回答で問題は解決できましたか?
フィードバックありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。
A.

TransferJet通信機能は、デジタルカメラやデジタルビデオカメラの電源を入れてから約10秒後に送信が可能になります。また、送信が5分間(出荷時の設定)行われないと、TransferJet通信機能が停止します。

この回答で問題は解決できましたか?
フィードバックありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。
A.
  • デジタルカメラやデジタルビデオカメラのバッテリー残量を確認してください。
  • デジタルカメラやデジタルビデオカメラ(以下、対応機器)の省電力機能により対応機器本体もしくは一部の機能が一定時間でオフになる場合、TransferJet搭載SDHCメモリカードへの通電が途切れる場合があります。このため、送信する写真の枚数が多かったり、サイズの大きな動画を送信するようなときは、対応機器の省電力設定(オートパワーオフ設定等)をできるかぎり長めにしてください。
この回答で問題は解決できましたか?
フィードバックありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。
A.

TransferJet通信機能には、1回のみ※1送信可能な「一括送信機能」と、写真を選んで何度でも送れる「選択送信機能※2」があります(工場出荷時は、「一括送信機能」に設定されています※3)。詳しくは、「TransferJet搭載SDHCメモリカード マニュアル」をご覧ください。

  • ※1未送信の写真や動画が対象です。
  • ※2「選択送信機能」をご利用になるには、お使いのデジタルカメラが「DPOF」アプリに対応している必要があります。
  • ※3カメラの「DPOF」アプリを使って写真(.jpg/.jpegのみ)を選択すると、自動的に「一括送信機能」から「選択送信機能」に切り替わります。「一括送信機能」に戻すには、「DPOF」アプリで選択した写真をすべて解除して、電源を入れ直します。
この回答で問題は解決できましたか?
フィードバックありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。
A.

「一括送信機能」は、新しく撮影した写真や動画を一括で受信機器へ送信します。送信は1回限りのため、複数の受信機器に同じことを繰り返して送信することはできません。バックアップ用として利用すると便利です。
「選択送信機能」は、写真(JPEG)を何度でも受信機器へ送信することができます。お気に入りの写真を仲間にシェアしたいとき、また同じ写真を何度も繰り返して送信したいときなどに便利です。
出荷時は、「一括送信機能」に設定されています。

この回答で問題は解決できましたか?
フィードバックありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。
A.

メモリカードを複数台の機器で使用すると、データの破損やカードの故障など思わぬトラブルになる可能性があるため、おすすめしていません。もし、複数台の機器で使用する場合、すべての機器で正しい時刻が設定されていないと、送信できない写真や動画が発生する場合があります。

この回答で問題は解決できましたか?
フィードバックありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。
A.

「TransferJet搭載SDHCメモリカード マニュアル」をご覧ください。

この回答で問題は解決できましたか?
フィードバックありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。
A.

ファイル名
半角英数字※1のみを使用した場合、最大255文字※2です。

送信枚数
一回の通信で送信できる枚数は、最大5000枚※3です。

  • ※1ファイル名に「 / : * ? " < > |」は使用できません。
  • ※2ファイル名に全角文字を使用した場合や、フォルダ名を変更した場合、最大文字数は少なくなります。
  • ※3通信環境により変わる場合があります。
この回答で問題は解決できましたか?
フィードバックありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。
A.

電波を発信するので、ご使用になれません。

この回答で問題は解決できましたか?
フィードバックありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。
A.

本製品は1対1の接続になります。

この回答で問題は解決できましたか?
フィードバックありがとうございました。
よろしければ、ご意見をお聞かせください。