ダウンロードとインストール・
アンインストール方法について

ダウンロードとインストール手順

ソフトウェアのダウンロード

以下のダウンロードページからソフトウェアをダウンロードしてください。

使用環境

  • 本ソフトウェアをご使用になるには下記のパソコン環境が必要です。
  • USBポートを持つ機器(上記USBポートが自作または改造により導入されたPCにおいては、動作を保証できません。)
対応OS
  • Microsoft® Windows® 7 32bit版/64bit版
  • Microsoft® Windows® 8.1 32bit版/64bit版
  • Microsoft® Windows® 10 32bit版/64bit版
  • Windows® 8 に関しては、米国Microsoft Corporationのサポートが終了したため、当社のサポートも終了させていただきました。
  • 1.ファイルを任意の場所に保存します。(例:デスクトップ)
  • 2.保存したTransferJetUtility_v1.2.8_ja.zipを右クリックし、メニューから[全て展開(T)]を選択します。
  • 3.展開され、保存されたフォルダ内が以下の構成になっていることを確認してください。ご注意:保存されたフォルダに実行ファイルがあるので絶対削除しないでください。
    • 画面は例です。

ソフトウェアについて

TransferJet Utilityソフトウェアのインストールは不要です。ドライバのインストールについては次項目を参照ください。

ドライバのインストール手順

  • インストール実行中にプログラムを強制終了しないでください。
    ファイルの破損等が起こる場合があります。
  • インストール作業は必ずコンピューターにACアダプタとACケーブルを接続して行ってください。
  • インストール作業は実行中のすべてのアプリケーションを終了させてから行ってください。
    他のアプリケーションとの干渉により、インストールが正常に終了しない場合があります。
  • インストール作業は不要な周辺機器を取り外してから行ってください。
    他の周辺機器との干渉により、インストールが正常に終了しない場合があります。
  • インストールは管理者権限のユーザでログオンして行ってください。
ステップ1

保存したフォルダ内の「jetUSB」フォルダを開きます。

  • 画面は例です。

ご使用のOSに合わせて、「OSバージョン」「ビット数」の順にフォルダを開いてください。

  • ご使用のWindows® OSにより使用できるドライバが異なります。「OSバージョンとビット数を確認する方法」を参照し、適切なバージョンをインストールしてください。
  • 画面は例です。

開いたフォルダ内のdpinst.exeを実行します。

  • 画面は例です。
  • 拡張子(.exe)は、ご使用の環境により表示されない場合があります。
ステップ2

デバイスドライバのインストールウィザード画面が表示されましたら、[次へ(N)>]をクリックします。

■デバイスドライバのインストールウィザード
デバイスドライバのインストールウィザード
  • 画面は例です。
ステップ3

デバイスドライバのインストールウィザードの完了画面が表示されましたら、インストール完了です。
[完了]をクリックします。

■デバイスドライバのインストールウィザードの完了画面
デバイスドライバのインストールウィザードの完了画面
  • 画面は例です。
  • インストール後は、再起動しなくてもTransferJet Utilityが利用可能となります。

アンインストール手順

ソフトウェアについて

TransferJet Utilityソフトウェアのアンインストールは不要です。必要に応じてインストール時に保存したフォルダを削除してください。ドライバのアンインストールについては次項目を参照ください。

ドライバのアンインストール手順

ステップ1

「コントロールパネル」の「プログラムと機能」を開き、以下の名前を選択し、[アンインストールと変更]をクリックします。
Windows ドライバ パッケージ – TOSHIBA USB TransferJet Class Driver (03/18/2016 1.0.60318.0)

  • 画面は例です。
ステップ2

以下の画面が表示されたら、[はい]をクリックしてドライバをアンインストールします。

デバイスドライバのインストールウィザード
  • 画面は例です。

以上で、ダウンロードとインストール・アンインストール方法についての説明は終了です。