ファイルを受信する

以下の手順で、ファイルの受信を行います。

取り扱い上のお願い

  • ファイルを送受信中にTransferJetデバイスを取り外さないでください。
    送受信が正常に終了しません。もう一度TransferJetデバイスを取り付けて、送受信してください。

ステップ1

ドロワー画面で[TransferJet Utility]アイコンをタップし、TransferJet Utilityホーム画面を表示します。
TransferJet Utilityホーム画面上部に、ステータスバーが表示されます。

ドロワー画面
TransferJet Utility
ホーム画面
  • 画面は例です
受信接続待ちのステータスバー
  • 画面は例です。
  • 戻るキー、Homeキー、タスク切り替えキーをタップするとTransferJet Utilityを終了します。

ステップ2

受信側Android端末の TransferJet MicroUSBアダプタと、送信側端末のTransferJet 通信デバイス同士を近づけます(送信側端末で送信設定がされていることが必要です。送信側の通信デバイスがTransferJet MicroUSBアダプタの場合、設定については「ファイルを送信する」を参照してください)。

通信デバイス同士を近づけます
  • 上の図は例です。

ステップ3

送信側がはじめて接続する端末の場合、以下の認証画面が表示されますので、 [OK]をタップします。

認証ダイアログ
  • 画面は例です。

ダイアログの[OK]をタップすると、接続可能な相手機器として登録されます。
登録することで、送信、または、受信操作を開始することができます。
[キャンセル]をタップした場合には認証を拒否します。この場合、「認証がキャンセルされましたので、転送を中断しました。」とのメッセージ画面が表示されます。[OK]をタップしてダイアログを終了させます。

  • 一度、登録した後は、機器内に情報として保存され、同じ相手機器での次回操作においては再度確認することなく、送信、または、受信操作を開始することができます。
  • [キャンセル]をタップした場合は、相手機器として登録されません。次回操作時において、再度、確認画面が表示されます。
  • [設定]-[自動で機器認証する]をONにすることで、機器認証画面を表示せずに、自動で認証することも可能です。

ステップ4

認証後、送信側端末とTransferJet接続され、ファイル受信が開始されます。接続時には、接続音が鳴動します。
受信が開始されるとダイアログの表示内容が切り替わります。

ファイル受信中のダイアログ
  • 画面は例です。

ダイアログの[停止]をタップするとファイル受信を強制的に中断します。
戻るキー、Homeキー、タスク切り替えキーでも同様の動作となります。

  • 中断した場合は、受信中のファイルは保存されません。

ステップ5

ファイル受信が完了すると完了音が鳴動します。

  • 受信したファイルは内蔵ストレージの「TransferJet」フォルダに保存されます。
  • 「TransferJet」フォルダが生成できない場合、ファイルを受信できません。
  • Android端末のストレージに十分な空き容量がないとファイルを受信できません。
  • [設定]-[受信後に自動再生する]がONの場合、受信が完了すると、受信したファイルに関連付けされたアプリで自動的に開きます。複数のファイルを受信した場合は、最後に受信したファイルのみを開きます。受信したファイルに関連付けされたアプリが存在しない場合、ファイルを開きません。
  • [設定]-[受信後に自動再生する]がOFFの場合、受信が完了すると、TransferJet Utilityホーム画面に戻ります。
  • 戻るキーをタップしてビューワを閉じると、再度TransferJet Utilityホーム画面を表示します。
  • Homeキー、タスク切り替えキーをタップすると、アプリを終了します。

以上で、ファイル受信操作の説明は終了です。