無線LAN搭載SDHC/SDXCメモリカード
FlashAirソフトウェア更新ツール
(SD-UWAシリーズ<W-04>)
ダウンロード

インストール手順

Mac

  1. FlashAir更新ツール(Mac用)「FlashAirFWUpdateToolV4_v40001_m.zip」をダウンロードします。
  2. Safariをお使いの場合は、自動的にアプリケーション「FlashAirFWUpdateToolV4_v40001.app」が生成されます。環境や設定により、自動的に「FlashAirFWUpdateToolV4_v40001.app」が生成されない場合は、「FlashAirFWUpdateToolV4_v40001_m.zip」をダブルクリックして解凍してください。
  3. 生成された「FlashAirFWUpdateToolV4_v40001.app」をアプリケーションフォルダなど、お好きなフォルダへドラッグ & ドロップしてください。

Windows®

  1. Windows®用FlashAir更新ツール「FlashAirFWUpdateToolV4_v40001_w.zip」をダウンロードします。
  2. ダウンロードした「FlashAirFWUpdateToolV4_v40001_w.zip」を右クリックし、メニューから「すべて展開」を選択します。展開先を選択し、「展開」をクリックします。
  3. 展開して生成されたフォルダ内の「FlashAirFWUpdateToolV4_v40001.exe」をダブルクリックします。
  4. ダイアログが表示されますので、ダイアログの指示に従ってインストールしてください。
  • FlashAir更新ツールをご使用になるには、Microsoft® .NET Framework が必要です。お使いのパソコンに必要なバージョンの.NET Frameworkがインストールされていない場合は、インストールを促す画面が表示されますので、インターネットに接続した状態でインストールしてください。また、Windows®が最新の状態でない場合に、.NET Frameworkのインストールに失敗することがあります。Windows® UpdateでWindows®を最新の状態にして、お試しください。

使用環境

FlashAirソフトウェア更新ツールをご使用になるには、下記のパソコン環境が必要です。

SDカードスロットを持つ機器
(上記SDカードスロットが自作または改造により導入されたパソコンにおいては、動作を保証できません。)
対応OS
Mac OS X 10.7, 10.8, 10.9, 10.10, 10.11, macOS 10.12
Microsoft® Windows Vista®
Microsoft® Windows® 7
Microsoft® Windows® 8.1
Microsoft® Windows® 10 Version 1607/1703
  • Windows® 8に関しては、米国Microsoft Corporationのサポートが終了したため、当社のサポートも終了させていただきました。

ダウンロード

該当機種、使用OSに従い、必ず対応するファイルを選択してダウンロードしてください。

FlashAirSD-UWAシリーズ
  • FlashAir™ SD-UWAシリーズ 64GB 製品写真
    SD-UWA064G
  • FlashAir™ SD-UWAシリーズ 32GB 製品写真
    SD-UWA032G
  • FlashAir™ SD-UWAシリーズ 16GB 製品写真
    SD-UWA016G
エンドユーザライセンス契約
東芝メモリ株式会社
ソフトウェア(以下「本ソフトウェア」といいます。)をインストールいただく前に、エンドユーザライセンス契約(以下「本契約」といいます。)を慎重にお読みください。本ソフトウェアをダウンロード、インストール等することで、お客様は、本契約の全ての条項および条件を承認したことになります。もし同意されない場合には、本ソフトウェアのダウンロード、インストール等は行わないでください。
1.権利の許諾
  • (1)本契約にもとづき、東芝メモリ株式会社(以下「当社」といいます。)は、お客様に対し、譲渡不可能、非独占的、無償の本ソフトウェア使用権を許諾します。
  • (2)お客様は、本ソフトウェアを当社製FlashAir上でのみ、使用するものとします。お客様は、本ソフトウェアにつき、以下の事項は許可されていません。
    • ① 本ソフトウェアの複製、改変、翻訳
    • ② 本ソフトウェアの全部または一部の逆コンパイル、リバースエンジニア、分解、逆アセンブル
    • ③ 本ソフトウェアの貸与、使用許諾、サブライセンス、頒布、譲渡、販売
    • ④ 本ソフトウェアの派生物の作成
  • (3)お客様が法人の場合には、本ソフトウェアを使用する自己の役員および従業員に本契約におけるお客様の義務を課し、遵守させるものとします。
  • (4)別紙に記載されたソフトウェア(以下「第三者ソフトウェア」といいます。)に関しては、当社が別途お客様に使用権を許諾する場合を除き、当社がお客様に使用権を許諾するものではなく、第三者ソフトウェアにつき一切責任を負うものではありません。当該第三者ソフトウェアについては、お客様ご自身の責任で第三者ソフトウェアの権利者より使用権の許諾を得てください。
2.権利の帰属
本ソフトウェアに関するすべての権利、権限、およびすべての知的財産権(特許権、意匠権、実用新案権、商標権、営業秘密、著作権を含むがこれに限らない。以下「知的財産権」といいます。)は、当社または当該知的財産権の権利者(以下「ライセンサー」といいます。)に帰属するものとします。また、本ソフトウェアに記載された著作権表示、ラベル、商標その他のいかなるマークも除去することはできません。
3.サポート
当社およびその子会社、当社のサプライヤー並びに当社のライセンサー(以下総称して「当社等」といいます。)はお客様に対し、サポート、アップデート、トレーニングを提供する義務はないものとします。また、本ソフトウェアは、お客様への事前の通知なくアップデートされることがあります。
4.保証制限
本ソフトウェアは「現状有姿」にて提供されるものとし、商業性の保証、目的適合性の保証、非侵害の保証を含め、明示的に黙示的にもいかなる保証も付されません。また、当社等は、本ソフトウェアに起因する一切の責任(特別損害、結果損害、付随的損害、直接または間接損害、逸失利益またはデータ喪失に関する損害を含む)につき、予見可能性の有無にかかわらず、責任を負わないものとします。
5.補償
お客様は、本ソフトウェアの使用に関し、本契約に違反した場合若しくは違反とみなされる行為を行った場合、または第三者の権利に関する紛争が生じた場合等、一切の責任、損失、クレーム、費用の負担(合理的な弁護士費用の負担を含む)につき当社等を防御、補償するものとし、当社等に何らの損害も与えないものとします。
6.責任の制限
適用法規の許容する最大限の範囲において、当社等は、いかなる場合においても、保証違反、契約違反、不法行為、過失を問わず、本ソフトウェアの使用または使用不能により生じた財産、データに関する損害、事業の中断、コンピューターシステム上の不具合、機能不良、または利益の喪失を含む一切の直接または間接損害、付随的損害、特別損害、懲罰的損害または派生的損害に対して、当社等の予見可能性の有無にかかわらず、責任を負わないものとします。また、いかなる場合であっても、本ソフトウェアに関する当社の責任上限額は、お客様が購入された当社製FlashAirの購入価格を超えないものとします。
7.用途制限
本ソフトウェアは、特別に高い品質・信頼性が要求され、またはその故障や誤作動が生命・身体に危害を及ぼすおそれ、もしくは社会に深刻な影響を及ぼすおそれのある機器(以下「特定用途」といいます。)に使用されることを意図されておらず、保証もされていません。特定用途には、原子力関連機器、航空・宇宙機器、医療機器、車載・輸送機器、列車・船舶機器、交通信号機器、燃焼・爆発制御機器、各種安全関連機器、昇降機器、電力機器、金融関連機器などが含まれます。お客様が本ソフトウェアを特定用途に使用される場合には、当社等は一切責任を負いません。
8.輸出管理
お客様は本ソフトウェアまたは本ソフトウェア上の技術を、原子力・化学・生物兵器またはミサイル等(大量破壊兵器)の開発・製造のために使用しないことを約束します。本ソフトウェアは、日本国外国為替及び外国貿易法ならびに米国輸出管理規則を含む輸出管理規制の適用対象とされることがあります。本ソフトウェアまたは本ソフトウェア上の技術の輸出および再輸出は、適用される全ての輸出管理規制を遵守している場合を除き、厳重に禁止されるものとします。
9.譲渡制限
いかなる場合であっても、お客様は、本契約に関する権利または義務の全部または一部につき、当社の事前の書面による同意なく、いかなる者に対しても譲渡してはならないものとします。
10.可分性
本契約において定める条項のいずれかが無効または法的強制力の無いものであったとしても、それによってその他の条項が無効または法的強制力の無い条項になることはありません。その代わり、本契約は当該無効または法的強制力が無いとされる条項を含まない契約として解釈されます。
11.解約
お客様が本契約の一部につき違反した場合または遵守を怠った場合、当社は、お客様への事前の通知なく、本契約を直ちに一方的に解除できるものとします。
12.準拠法
本契約は、日本法に基づき解釈されるものとします。また、本契約は、国際物品売買条約の適用を受けないものとします。本契約に関する紛争の第一審の専属管轄裁判所は、東京地方裁判所とします。
以上

Macをご使用のお客様

Windows® をご使用のお客様

Get ADOBE READER
※PDF形式のファイルを閲覧するには、Adobe® Reader®が必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちらから

更新履歴

更新日 バージョン 説明
2017年10月5日 V4.00.01
  • 不具合を修正しました。